« 春分の日の出来事 | トップページ | 手造りハンバーグ »

正しい形

「このたびは 幣もとりあへず 手向山 紅葉の錦 神のまにまに」

一日一つを目標に百人一首を書き始めて、今日は第24番を書いていました。

最近、私の手元にやってきた「筆順・字体字典」。何気なく百人一首を書きながら、「幣」という字を引いみて驚いてしまいました。

みなさん、この字の筆順はご存知でしょうか?

では、この字は何画かご存知ですか?
*ご存知の方、(*゚с゚*) スゴ~イ


Hitu_jitai1 「漢字は正しく書き、そしてできるだけ美しく書くことが望ましいことです。正しく書くとは、正しい形の字を昔からの筆順で書くことです。筆順も字の形をきめるもので、昔からの筆順で書けば美しい形になり、また能率的でもあるわけです…云々」
*筆順・字体字典 江守賢治編 三省堂 まえがきより

よく間違われるとされる漢字で有名なのが「左、右、飛、必」。
今回、馬、区の筆順が間違っていることに気づきました…

しかし、字を書くたびに辞書で調べるのは大変です。
「筆順の電子辞書」があるようですが、なんと41,790円(特別価格)もするのです。m)゚O゚'(m

最近の電子辞書は必要な辞書を組み込むことができるとか…
この筆順の辞書を組み込める日が、一日も早くくることを切に願います。☆(u_u)☆

|

« 春分の日の出来事 | トップページ | 手造りハンバーグ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春分の日の出来事 | トップページ | 手造りハンバーグ »