« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月の5件の記事

シリーズ三作目がよかった

ドラマの「ガリレオ」も、なかなか面白いけど、やっぱり小説の方が面白い。

小説を読むと、湯川先生はやっぱり福山雅治の顔を想像するかなぁって期待してたけど、不思議なことに彼は浮かんでこないみたい。

だからといって佐野史郎でもない。じゃ、誰かって言われてもピンとこない。
浮かんでこないけど、やっぱり福山雅治で正解だって思うし。

このシリーズは二作目。短編というところがとても気に入っていました。が、

「容疑者の献身」は長編だったけど、動機が他の話とは違うし、小説らしく読み易かったので、この話が一番気に入りました。
(「予知夢」は読んでないけど)

お弁当屋で働いている靖子の立場から見たら、高校の数学教師の石神はちょっと警戒してしまうかもしれない。
でも、授業での生徒に対する接し方を見ると、投げやりな授業をするわけでも、数学に対しての押し付けがましさも無い良い先生に映った。
石神は靖子とその娘を助けようと完全犯罪の為のアリバイ工作をする。

私のお気に入りの作家のように、登場人物が複雑に絡み合って、最後に一本の線になるっていう大どんでん返し的なヒラメキじゃなく、湯川先生の言葉に振舞わされながら、語られるトリックの真実に驚き、納得させられちゃう。

読み終えた後は、ため息の連続でした。
「アヒルと鴨…」に続く二回目です。
そんなことがあっていいの?って、
とても切なく心が痛む話でしたw(ioi)w

再読したら、もっと何かに気がつくところがあるのかな。
実は一ヶ所気になってる所があるんだけど見つからないのです…

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ハーブ園で紅葉狩り

三連休に紅葉狩りに行ってきました。

風もなく晴天に恵まれ、とても気持ちの良い一日でした。

001ロープウェイに乗るのは久しぶりで、ちょっと緊張~。
スイスを思わせる建物が見えてきました。


お腹が空いたので、まずランチ!
久しぶりのビュッフェランチ。食欲の秋…。
こんなにいっぱい食べちゃいました。

002005003004





デザートのアイスクリームはラベンダーなんとか(忘れた)、紅芋、バニラ、マロン。
りんごのコンポート、チョコラケーキ。
名物のハーブティを飲むのを忘れてしまった…


それから、レストハウスで紅葉を堪能し、ハーブ園を楽しみました。

料理を作らないので、ハーブは良く分からないけど、良い香りのものもあれは、ウエッっていうハーブもありました。

可愛かったのが、メキシカンブッシュセイジ。ラベンダーみたいだけど、光沢のある赤紫の花。手触りはフワフワでビロードのようです。

途中に、グラスハウスがあり、そこにはバナナの木やマンゴーの木がありましたヽ(*゚O゚)ノ !!!。

Banana Mango


バナナはまだ青いけど、マンゴーは熟していました。食べごろみたい!



名前しか知らなかった、ハイビスカスやブーゲンビリアも見れてラッキーでした。(*^o^*)


結構歩いたのに体脂肪率が増えていたのはショック。
w(ioi)w

| | コメント (8) | トラックバック (0)

クリスマスツリーの飾りつけ

寒さも日に日に増してきました。

インフルエンザの注射はされましたか?


我が家もクリスマスツリーの飾り付けをしました。

150cmのつもりでツリーのオーナメントを選んだら、120cmのツリーでした。

去年、150cmか180cmか一週間迷って、150cmをお願いしたら、土日で売切れたって言われた。

ほぼ毎日見に行っていたので、顔も覚えられてて、お店の人が他店に聞いてくれて120cmを購入したことをすっかり忘れていました。

Xmas_tree_2120cmのツリーを見てがっかりしていると、「この際180cmに買い変えたら?」って。

う…それも悔しい。せっかく手に入れたツリーなんだし。

でも、小さくてもツリーがあると嬉しい。




| | コメント (10) | トラックバック (0)

手作りのおせち

おせち料理を手作りする家庭ってどれくらいいるんだろう。

我が家も7~8年前までは母の手作りだったけど、手作りから父の会社の近くの料理屋さんの御節になり、今では百貨店で購入しています。
母曰く、いろいろな味が楽しめるし、買ったほうが美味しいとか言ってますけど。

雑誌なんかを見ていると、手作りを食べたいと思うけど私が作れるのは栗きんとんだけ…。(濾すだけだって)

おせち料理も元旦中に食べてくださいなんて書いてあって、もともとおせち料理って三日間、何もしない為の保存が効く料理じゃないの?

吉兆も消費期限切れのお菓子が判明し、おせちも販売中止になったの?

手作りするとなると、品数とか大変だし、切って盛るだけの巻物とか買って入れたりしてるのかな?それじゃ、手作りじゃないか…

百貨店で選ぶにしても、種類が多いから迷ってしまいます。

お正月の話は、ちょっと早いけど、気になるおせち料理です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「とん蝶」が「世界に存在することに」

最近は、賞味期限偽装問題で、口にできなくなる物が多いですね。

赤福は好きな和菓子のひとつだったのでショックです。

関西でお勧めできるものは何かな?って考えてしまいます。

そのうちのひとつ「とん蝶」を今日は久しぶりに食べました。

父が孫たちの本を買いに行ったついでに、お土産を買ってきてくれたのです。

これは、もち米に大豆と塩昆布を合わせたおにぎりのような、お弁当のようなものです。
※名前の由来ですが、「トンボと蝶々」って本当かな?


Photo_2 それとお漬物。「天王寺かぶら」というもので、あっさりとしてこれも美味しかったです。(柿のお漬物が入っていました~)

とん蝶を販売しているお店は、和洋菓子のお店らしいのですが、お菓子類は食べたことがありません。



Photo七味唐からし、大豆、黒豆の三種類で、私はシンプルな大豆をいただきました。(シンプルが好き)

父は「ここは偽装するなよ~」って言いながら食べました。




そして、やっと読み終えた「この本が、世界に存在することに」。

読書の楽しさ、価値観を教えてもらった気がします。

読書のススメなどのハウツー本より、琴線に触れ、「百聞は一見に如かず」みたいな、説得力がありました。

また一冊、本棚にこの本が並びそうです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »