« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月の9件の記事

雨の日は

今日は、録画溜めした、F1/モナコGPと、ナルニア国物語を観ました。

それと、ブロガーさんオススメの「空飛ぶ馬」と「陰日なたに咲く」も読みました。
二作品とも面白かったです。

空飛ぶ馬は、「恩師が同じである噺家、春桜亭円紫と、落語好きで日本文学を学ぶ19歳の女子大生が洞察力や推理力を駆使し日常の些細な謎や疑問を解決していく」というお話。国内外の文学作品を読んでいるので、難しかったりするけれど、日常や心情が上手く書かれていてとても面白いです。
「砂糖合戦」では、お弟子さんが内緒でデートをしているのかと思ってしまいました。


「陰日なたに咲く」も良かったです。
今の自分や人生に不安や迷いのある不器用な人たちが、人と出会い、自問自答しながら日向に向かって歩き出すという、ほのぼのとして、心温まるお話でした。

一つ残念なのは、私には最後の男の人のセリフは長すぎました。
オチを先に聞かされたような、テンポがズレたような感じがしたのは私だけでしょうか?
空気だとか表情だとか、言葉以外のもので表現して欲しかったなぁ。
なんて、自分には書けないくせにすみません。
でも、話のオチとしては、なかなか面白かったのでオススメです。

明日は天気予報ではsun
父に早朝ウォーキングに誘われました。
起きれるかな~、無理なような気がする。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ぴーなっつ最中

Photo

今日のデザートは「ぴーなっつ最中」をいただきました。
袋から出せばよかったですね、ピーナッツの形をしていてとても可愛いくて美味しかったです。shine


赤と白のデザインの、ピーナッツ形をしたカワイイ箱にはいっていました。


ところで、皆さんはどんな靴べらを使っていますか?
最近は可愛いデザインのものがありますよね。
最近気になるアイテムです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ぼくは12歳

ブロガーさんご紹介の、「ぼくは12歳」という本を読んだ。
12歳で自ら命を絶ってしまった少年が書いた詩集。

私は「ワイングラス」という詩を読んで、涙が出てしまった。
大人になった自分が、青年時代を振り返り呟くような詩。

私は、記念や節目などを大切にしたいと思っている。

大人になった彼がワイングラスを手に呟く姿を思い描いて読んでいると、彼の姿が幻のように消えてしまい悲しくなった。

12歳の男の子が、なんてロマンチックなんだろうと。
もし、自分の息子が、懐かしそうに呟いている姿をみると微笑ましくなり、
もし、彼が呟いたなら、充実した素晴らしい人生を歩んできたんだと誇らしく思い、彼の話に耳を傾けるだろうと思う。

12歳の少年の口から聞いても、そういうものを大切にできる大人になっていくんだと思い、でも彼には未来がなかったんだと思うと涙がでてしまう。

「となりの犬」「ユキ」「ゴットン・ゴロン」も好き。
「ぼくの心」はどうしたの?って、何があったの?って聞きたくなる。

『からしをぬったよ
 体に
 そうしたらふつうになったんだ
 よっぽど
 あまかったネ
 ぼくの心って』

詩のほかに、作文・読書感想文もあり、どれも素晴らしいものばかりでした。
それらの本も読んでみたいと思います。

ご両親の言葉が最後に書かれていました。
何が原因かは分からないし、何も知らない私が推測するのもおこがましい。

でも、この本に巡りあえてよかったと思う。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ガスパチョ

今日は冷製トマトスープの「ガスパチョ」を作ってみました。(リンク先のレシピとは違いますが)

Photo 材料を切ってミキサーにかけるだけという、簡単レシピです。
私のレシピではピーマンではなく、赤パプリカを使いました。
ガーリックラスクを添えると美味しそうです。
舌触りがすこし気になるので、裏ごしをした方が良いみたいです。

夕食に飲もうとお酒(氷結)を買ったのですが、呼吸が苦しくなり頭が朦朧としてしまいました。
お風呂に入りマシにはなりましたが、今ならすぐに眠れそうです。

ウォッカベースでアルコール5%なんて、ビールと一緒じゃないか!と父が飲むビールを目の前に突きつけられました。

別にウォッカが飲みたかったわけじゃないし、アルコールの度数も気にしてなかったし、「ピーチ」というのに惹かれただけなのです。

炭酸とピーチ味で美味しく感じて、グビグビ飲んでしまいましたが、ピルスナー一杯でしんどくなるなんて思いませんでした。

やっぱりワインをちびちび飲むのが合ってるかもしれませんね。

トマトには生活習慣病の予防や美白効果もあるリコピンが豊富なので、夏に向けてピッタリのスープです。

ホテルオークラのレシピなので、みなさんも一度お試しください。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

週末の出来事

土曜日、はじめて携帯電話を紛失した。

家に帰りメールの返信をしようと思ったら携帯が見つからず、電話をかけてみた。
親に、「どこかで私の携帯鳴ってない?」と聞いたけど、「…」。
マナーモードじゃないけど、振動音は聞こえるはず。

その日は、電動アシスト自転車に乗って図書館へ行き、帰り道でメールをチェック。
ジーンズのポケットに戻したんだけど、ちゃんと入らなくて「落ちたりして…」な~んて考えながら自転車を漕ぎ家に到着。

「落ちたら気が付く」と思っていたのに、全く気付きませんでした。

失くした場所は見当が付くので、作りかけのアイスティーをそのままにして捜しに行き、途中で大声を出している時に背後から声をかけられました。

というのは、父がベランダから何か叫んでいて、それに答えていたのです。
「母の携帯を持っていくから」と言ったのに、「なんで大声で叫ぶかなぁ~」っと思っていたら、携帯を拾ってくれた方と電話中で、それを教えてくれたみたいでした。

親切な方に拾われた携帯は20分後に無事再会できました。

父に「名前を聞いたか?」と言われ、「!」忘れていました。
失礼な私でゴメンなさい。

手元に戻ってきた携帯は、思いの外、傷だらけでした。
角の凹みや、外側の液晶や上の方に深い傷が沢山ありました。
落としただけでこんな傷が付くの?
これって自分の自転車に轢かれたのかな?

「買い替え時かぁ~」とも思ったけど、あと一年使わなきゃいけない機種だし、もう少し可愛がってあげようと思います。

「これからは面倒臭がらず、ちゃんと仕舞うね」と、少し渋めのアイスミルクティを飲みながら思う私でした。

あ~、紛失しなくて良かった。crying

| | コメント (8) | トラックバック (0)

一瞬の風になれ

図書館で予約したんだけど、③が①より先に順番が回ってきてしまって、再度予約して5ヶ月もかかってしまいました。

で、久しぶりの新二の成長にびっくりflair
部長として、選手として、人間として、それにあの精神力や向上心にも感服しました。

スポーツって自分との闘いだって改めて思った。そのスポーツに対応する身体作りをしなければならない。
砂浜を全力疾走するシーンは印象的でした。
自分の力を全部出し切り、自分の限界に挑戦する。
そんな経験したことないなぁ~。

自分の成績が気になるところだけど、ライバルの怪我や調子を気遣ったりする人もいれば、わざとフライングをして相手の集中力を奪う最低な人もいる。
正々堂々と闘えるって、自分の負けを認め相手を心から祝福できるって事だし、社会に出てからもその精神は変らないんだろうね。

今年のオリンピックの陸上種目はチェックです。

彼らの未来にエールを贈りたい、臨場感溢れる作品でした。


来週は「陰日向に咲く」を読む予定です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

スタバでランチ

久しぶりにスタバでランチしました。

あまり食欲がなく、私はドリンクだけと思ったんだけど、フードの種類が増えていて驚いてしまい、おもわずオーダーしてしまいました。
Photo
スタバのフードって苦手だったので嬉しい。


| | コメント (8) | トラックバック (0)

森林浴へ

GWは月曜以外は天気もよく行楽日和でした。

最近は読書のし過ぎか目が疲れるようになってしまいました。
近くを見てばかりじゃダメということで、森林浴に行ってきました。

今月から腹筋を始めたのだけど、持久力や心肺機能が低下していて、かなり辛かったのです。

wiiで心肺機能の向上をと思っていたけど、甥っ子の家にわざわざ行けないし。

そういえば肺活量が少なくて、病院でなんか言われたけど忘れた。

持久力とか心肺機能向上ってどうすればいいんだろう。
呼吸をする時はもっと深く吸うように心がければ、ちょっとはマシになるかな?

Photo
頑張って頑張って歩いて、やっと辿り着きました。
さすがGWで人がいっぱいでした。
滝の近くまで行くと、水しぶきがかかって気持ちよかったです。

Oosanshouuo

みんなが下を覗き込んでいるので聞いてみたら、オオサンショウウオがいると教えてくれました。
マークを付けたいんだけど、どうやって付けたらいいか分からなくてゴメンナサイ。
えっと、太陽で光った石が2つありまして、左側の石の、光で尖がっている下のところ…
う~ん、上手く説明できなくてごめんなさい。
頭だけが見えるんだけど、探してみて下さいcoldsweats01

| | コメント (12) | トラックバック (0)

解散

寝る前にメールチェックをしたら、友達からの衝撃ニュースが飛び込んできた。

スーパーアグリ解散!?ってwobbly

HONDAが次戦のトルコで資金援助しない?ホンダは予定以上のサポートをしてくれていたみたいだけど、莫大な資金を必要とするF1のスポンサーの獲得って相当難しいんだね。

私にF1を教えてくれた人は、「ホンダは佐藤琢磨を手放さない」って熱く語ってたんだけどなぁ。

4日後にはトルコGPなのに、ちょっと悲しいニュースでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »