« ビストロ・パ・マル | トップページ | コメッコ »

光のない世界

キーボードを叩いていた土曜日の夜、いきなり部屋の電気が消えました。

パソコンがついていたので、一瞬何が起きたのか分からなかった。

停電!?
部屋のベランダのカーテンを開けると、外はまさしく闇でした。

急いでリビングのベランダへ向かうと、いきなりのthunder稲光で心臓が止まりそうになりました。

外は雨で視界も悪く、街の灯りが見えませんでした。

1分ほどして電気はflair点いたけど、街灯は消えたままで真っ暗で怖くなり、慌てて部屋に戻りました。

夜、外を眺めながら「電気の無駄遣いだなぁ」とか、「停電になったら星がよく見えるのになぁ~」って思ったりしたけど、いざ停電になって、目の前から光が無くなると、すごく不安で怖かった。
*先日のペルセウス流星群、一つだけ見ました。

初めて火を手にした人類の安心感が分かった気がする。

|

« ビストロ・パ・マル | トップページ | コメッコ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

♪serioさん、こんばんは
子供の頃の停電って、何にも分からないから怖いですね。
そんな時の父親はとっても頼もしいです。
小さい頃は暗闇が怖くて、自分専用の小さい懐中電灯を買ってもらい、
いつも枕の下に入れていました。
白い光と赤い光がスイッチで切り替わるもので、
嬉しかったのを覚えています。

♪こんばんは、でんすけさん。
停電っていうと、やっぱりロウソクなのかな?
我が家は大きい懐中電灯でした。
予告もなく真っ暗になるのは、
子供の頃と違う怖さがありますね。

投稿: fumika | 2008年8月28日 (木) 00時21分

子供の頃に停電を経験して以来
ずーっと、真っ暗な生活は味わってませんが
やはり、急に暗くなると怖いですよね~

停電って言うと
ロウソクに火をつけて家族で電気が点くのを待ってた記憶がありますねヽ(´ー`)ノ

投稿: でんすけ | 2008年8月25日 (月) 23時58分

こんばんは、fumikaさん。

突然の停電の話を伺って、小さい頃、停電した暗闇が恐くてとても不安になった気持を察してか、灯したローソクを片手に家族の安全を確認するように一人一人の顔を見入ってる今は亡き父親のことを思い出しました。

投稿: serio | 2008年8月25日 (月) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/117524/23233620

この記事へのトラックバック一覧です: 光のない世界:

« ビストロ・パ・マル | トップページ | コメッコ »