« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月の11件の記事

嵯峨とうふ

「大覚寺」のつづき、食べ物編です。

大覚寺を少し戻ると、森嘉(もりか)という嵯峨豆腐のお店があります。

持ち帰りのみだけど、お箸を持っていくと店の外の椅子に座って出来立てを食べることも出来るらしいです。

今回も、お豆腐と納豆(大粒・小粒)を購入し、その日の夜は冷奴でいただきました。(冬の冷奴も美味しかったです)

嵐山方面に観光されるなら、少し足を伸ばしてみてください。


昼食は、嵐山の渡月橋付近までもどり、「嵯峨とうふ 稲」というお店でいただきました。
Ine 「湯葉あんかけ御膳」(1580円)
湯葉あんかけ丼がすごく美味しそうで、このお店に入りました。
炊き込みご飯に湯葉あんかけで、味は濃厚ですが美味しかったです。
練乳を薄めた感じの「豆乳はちみつジュース」は意外と抵抗無く飲めました。
そして食後にいただいたデザートの「わらび餅」が美味しかった。
口の中に入れるととろけるんです。ホントに。

満足でした~。



家に帰って、夕食には森嘉のお豆腐、食後のデザートには、「柳苑」の「嵯峨の月」という和菓子を…。

Photo これも京都らしいお菓子でした。
お麩のおせんべい(というのかな)に餡が挟んであるのだけど、
一枚にはほんのり梅の香り、一枚には、柚子のかおり、一枚には大徳寺納豆の塩味と甘さが良い感じのお菓子です。
(白いシートを取るのを忘れてました)

今回も「御朱印」をいただいて帰りました。
が、次回は写経をしてから貰いたいと思います。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

大覚寺へ

日曜日に京都は嵯峨野・大覚寺へ行って来ました。

この冬最低気温と聞いていて、大雪覚悟で行って来ました。
いや、大雪を期待していたと言っても良いかも知れません。

待ち合わせ場所まで行く途中の車窓から雪が降っているのが見え、ダウンにフード付けて来るんだった~と、ちょっと後悔。

その日は、ダイヤが乱れえていたようで、座れるかどうか気にはなりましたが、こんな寒い日に京都へ行かないのか車内は空いていました。

で、最近リニューアルしたちょっと豪華なシート(肘掛が木製になっただけなんだけど)で、お菓子をつまみながら嵐山へ。

嵐山まで45分で行けるハズが1時間と少しかかってしまいましたが、思っていたほど寒くなく、というか青空が見えて気持ちが良かったです。

嵐山からバスに揺られて約10分。

Daikakuji 季節柄かとても静かなところでした。
嵯峨天皇の離宮を寺に改めた皇室ゆかりの寺院。
お寺の境内は、映画やテレビなどの撮影によく使われるとか。

Daikakuji2 下手な構図でゴメンナサイ。
襖絵や天井なんかも、こんな豪華絢爛です。


回廊は「うぐいす張り」で、歩くたびにキュッキュッと可愛い音がします。
どういう仕組みになっているんだろう。

大沢池というのがあって、桜の季節のパンフレットの表紙を見ているととても気持ちよさそうです。
この池の周りってあるけたのかな?

あまり気にしてなかったけど、至る所に「菊の紋」があるんですね~。
次回はこれもちゃんとチェックしてこなきゃ。


「昔、天下に大きな災いのあったとき、嵯峨天皇が弘法大師に大覚寺の地で不動明王をおまつりするよう命じ、嵯峨天皇は写経祈願をされた」らしい。
そんな写経の始まりの歴史がある大覚寺で、写経会が月3回ほど行われているとか。

写経ってやったことがないんですよね~。一度体験してみたい。
あ、でも正座だったら我慢できないかも…

「人間を苦しめる災難や迷いの心を『剣』と『なわ』で断ち切り、幸せに導くよう守ってくれる」という不動明王像が見れると思ったのに残念でした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

素顔を披露

と、言っても私のことではありません。

生協の白石さん」が素顔を披露されたみたいですねhappy01

なかなか優しそうな人です。

一時期は私も楽しませていただきました。

今はもう生協にはいないんですね。

これからはメディアにでるかもしれないし、生ジョークなど聞けたら嬉しいなと、ひそかに期待している私でした。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

雛人形はいつ飾るの

最近は頻繁に「おひな様を飾る日」が検索ワードに登場します。

クリスマスツリーと違っておひな様を飾る日は気になりますね。

今年、我が家のお雛様を飾る日は「2月18日」です。

前日または当日の午前中に天気がよければ陰干しをし、18日に飾りつけをします。

我が家は小さいので当日でも大丈夫ですが、豪華7段飾りなどは前日から準備をしないと間に合いませんね。

なぜ今年は18日なのかというと、「二十四節気」で言うところの「雨水の日」に飾ると聞いているからです。

雨水とは「雪が雨に変わり、積もった雪や氷が溶け出すころ」で、春への変わり目として縁起が良いとされ、この日にお雛様を飾ると良縁にも恵まれるとされています。

また暦の上で春となる「立春」に飾るとも聞きますが、
要は、親が子の幸せを願う気持ちが伴えば、どちらでも良いと思います。
半信半疑で飾るより、自分の気持ちを込めやすい日が最良の日だと思います。

ちなみに今年の立春は「2月4日」です。

週間天気予報をチェックして準備する日を決めるのも良いかもしれませんね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

こんな朝食はいかが

今回は、手作りごはんをアップしているブロガーさんの許可を得まして、そのメニューをご紹介したいと思います。

私も挑戦しようと思ったのですが、やっぱり勇気happy01がなくて。

旦那様は、朝食のテーブルに用意してあるメニューを見て「うえっ」って仰ったそうです。

どんなメニューでしょうか。

私も写真をみて「ぎょえ~」っとなぜか笑ってしまいました。

しかし、食べてみると意外に美味しいみたいですよ。

ご存知の方もいるかも知れませんが…

これも一種の究極メニューではないでしょうか。


Photo_2





<納豆牛乳ご飯レシピ>
①あつあつご飯に、納豆とタレをかけ
②温めた牛乳をかける
③醤油を少し足す
※付属のタレだけでは味が薄いので、醤油を足すといいみたいです。


「卵かけごはんに、納豆をかけて食べるよう なクリーミーな味」だそうですよ。


チャレンジした方は、感想を教えてくださいね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

冬の必需品

今朝は比較的暖かかったので、起きるのが苦になりませんでした。

しかし、冬の乾燥は気になります。

以前も書きましたけど、冬のハンドクリームは手放せません。
ロクシタンのハンドクリームはべとつかず気に入っていまが、この冬は、ロクシタンの「ローズベルベットハンドクリーム」を使っています。

起きている時はもちろん、寝る時にも使っているので、ローズの香りが深い眠りを誘ってくれそうです。
(香りがキツイので、T.P.Oに合わせて使い分け)

そして、リップケアですが、川原亜矢子さんの著書に、「savex」が良いと書いてあったので、読んで以来ずっとSavexを使っています。

これはもう有名ですよね。ほんの~りバニラの香りがします。

確かキムタクが蜂蜜が良いと言っていたのを思い出し、蜂蜜を塗りラップしたりもしたけど、我慢できずに洗い流してしまい、効果を実感事ができませんでした。

で、数ある蜂蜜リップのなかで、「プロテクトミー」という、マヌカハニー配合のリップを試したのだけど、蜜ろうのせいか少し違和感が残るんですよね~。

しばらく使ったけど、コレも効果を実感する前に、止めてしまいました。

で、savexのリップバームに心を惹かれたのだけど、、使用した人の感想をネットで読んでいると、「しっとりして効果があるけど、使い続けているうちに唇に湿疹ができた」と書いてあって。

人によって、合う合わないがあるから仕方がないけれど、使うのが怖くなってしまいます。

う~ん、これは困った時の「ロクシタン」ということで、今回試しに「シアバター」を使ってみることにしました。

小さいサイズを手にして、「7gで1000円!?」って一瞬引いてしまったけど、普通のリップは4gぐらいなので、まあ妥当でしょう。(百貨店だと割引あるし)

このシアバターって万能なんですよ。
ボディ、フェイス、リップ以外に、ヘアケアに使えるんですよ。信じられないけど、毛先に少しだけ塗ってみた。さすがに一日では効果はいみたい。

使った感想は、というと、正直分かりません。ゴメンナサイ。

「悪くはない」とだけは言っておきます。

使用感も悪くないし、翌朝はカピカピしていないのは事実ですが、グロスを塗ったようなふっくら感が甦っているかというと×です。まあ安価なリップケアーでそこまで期待するの、科学の力を持ってしてもムリでしょう。

思い切ってsavexのジャータイプを試してみようかな~。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

美味礼讃

ブロガーの若きパティシエさんお勧めの小説を読みました。

辻調理師専門学校校長・辻静雄さんの自伝小説・『美味礼讃』です。
これらのエピソードは実話なんだろうか…と思いながらも、とても感動しました。

昭和36年、学校を創立するにあたり、ホテルの一流シェフが作るフレンチを食べたけれど、独学で勉強した「ラルース・ガストロノミック」と全く違うことに愕然とする彼は、本物のフレンチを知りたいとフランスへ旅立ちます。

「技術は君が教えなくても放っておいても覚える。しかし、そこから先の最終の出来上がりの味というのは、どんなに才能があるコックでも想像が付かない。君は生徒の中から才能のあるコックを見つけて、最終の出来上がりの味がどういうものかを叩き込めばいいんだよ」

このアドバイスに従い、一流のフレンチを食べつくし自分の舌に味を記憶させていきます。

本物を極めるための努力は並大抵なことではないようです。

私なんか特に、素晴らしいと言われる「料理本」を見ながら作っても、最終的な味は分からないので、失敗か成功かはわからず曖昧の満足感しか味わえません。

’93年に辻静雄氏は亡くなられたようですが、関西に住む私は「辻調理師専門学校」の印象が変わりました。

料亭の吉兆をはじめ、最近の食品偽造が多い中、料理に対する純粋な思いを持った人の話を読めてよかったです。

調理師になる予定はないので、ここでの教育を受けられませんが、初代校長の思いをいつまでも受け継いでいって欲しいと思います。



余談ですが、辻って二種類あるそうです。
辻調理師専門学校(辻調グループ)
辻学園調理・製菓学園(辻調学園グループ)

私がテレビでよく見る人は前者の人じゃなくて後者の人だと今知りました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

LONPOS 4D

入手しました「ロンポス」(wii Wareもあるんですネ)。

トイザらスまで行くのが面倒だったので、ネットで購入。支払いはもちろん代引きです。

最近はパズルやボードゲームなんかも人気なのかな。
先日の「食わず嫌い~」でも、瑛太がオセロ対決をしていました。

以前は3冊目のピラミッドに挑戦しましたが、1冊目の(IQ28~)平面トライアングルからチャレンジ。

今朝から「ロンポス」で疲れたら「読書」。「読書」に疲れたら「ロンポス」と順調に進んでいます。

プラスチックじゃなく、木製だったらいいのになぁ~ってちょっと思ってます。
木製だったら、持ち運びには不便だけど。
(プラスチックの「カチャカチャ」という音より、木製の「コトンコトン」の方が、耳に心地いいかも)

全問解いて「楯」を貰うことは不可能だけれど、このパズルで脳が活性化してくれると嬉しいです(記憶力とかが良くなるかな~、期待)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ウェッジウッドのニュース

ウェッジウッド破綻のニュースに驚きました。

破綻したからといって、全ての商品が消えてしまうわけではないと思うけれど、やっぱりショック。

といっても、私は「ワイルドストロベリー」しか持ってないんだけど…

(朝食用には真っ白の「ストロベリー&バイン」のマグカップを使ってたわ。で、オフィス用は「ピーターラビット」のマグカップでした。)

名前のとおり苺と苺の花が一面に描かれた、可愛らしいデザイン。

結婚祝いにはリーズナブルな「コロシアム」の一式を貰おうと思っていたのに。(真っ白な食器で端に凹凸があるシンプルなデザイン)

でも種類が増えて、目移りしてしまいそうです。

早く不安を拭い去ってください。



ところで、前々から気になっていたのですが、PCのキーボードの文字(「A」とか「と」とか)って、貼り付けてあるんですね。富士通はそうじゃないのに…。

で、そのキーボードの文字が消えかかっているんです。

というのも、どうやら手首を乗せて入力しているので爪を立てているらしく、削れてるんです。キーで言うと「Rす」「Tか」「Aち」「Sと」「Nみ」。「Kの」と「Mも」と「Oら」も少し被害があります。

これってシールだから?爪を立てる私のせい?みなさんのキーボードはどうですか?
男性は爪が伸びてないからそんな経験はないのかもしれないですけど、爪を伸ばしている女性には共感してもらえるのかな…

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今年はこれにはまる

今日は、初詣に出かけました。
今回はおみくじを引きませんでしたが、猫を抱いてきました。

動物が苦手な私ですが、まるまる太った猫が神社で顔を洗っていました。

あまりにも可愛かったので近寄ってみると、なんと私のひざの上に飛び乗って来ました。
もちろん驚きましたが、これも何かの縁と思いツーショット。

なんだかとても可愛かったですにゃ~cat


昨夜は「百人一首」の「坊主めくり」で盛り上がりましたが、
今夜は、「ロンポス」というゲームにはまってしまいました。

姪っ子が持ってきたゲームですが、様々な形のパーツを組み合わせでピラミッドを作るシンプルなパズルです。

これって人気のパズルなのでしょうか?

姪っ子甥っ子も黙々と挑戦しています。

簡単なものから、段々とレベルアップしていって、最終問題へは恐らく辿り着けないと思うけど、やみつきになりました。

私もトイザらスでチェックしてこよう。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

新年明けました

新年、明けましておめでとうございます。

今年も賑やかな新年を迎えました。

みんな揃って初詣に行きたかったのだけど、寒かった~。
こんなに寒いお正月は初めて!?じゃないかと思うくらい寒かったので断念。

初日の出も残念ながら見ることができませんでした。
寝坊したのもあるけど、曇ってたみたい。

朝は、お屠蘇でお祝いしておせち料理をいただきました。

ゲームがしたいと言う、姪っ子甥っ子の願いは却下され、
お正月らしく「かるた」をして遊び、それから「百人一首」もしました。
と言いたい所だけど、「坊主めくり」です。

懐かしくて、白熱してしまいました。

即席「福笑い」を作ってみましたが、不評でちょっと落ち込みました。

相手をするのも大変なので、やっとDSの許可が下り、ご満悦の子供たちでした。

夜は「ケンミンショー」を見ましたが(普段は見ないのですが)、
なかなか面白いですね~。

最近はお雑煮に興味があったので、各地のお雑煮が見れて楽しかったです。

明日は明け方にsnowマークがありました。雪は積もるかしら?
もし積もったら、これもお正月初めての雪景色です。

今年も、よろしくお願いします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »