« 素顔を披露 | トップページ | 嵯峨とうふ »

大覚寺へ

日曜日に京都は嵯峨野・大覚寺へ行って来ました。

この冬最低気温と聞いていて、大雪覚悟で行って来ました。
いや、大雪を期待していたと言っても良いかも知れません。

待ち合わせ場所まで行く途中の車窓から雪が降っているのが見え、ダウンにフード付けて来るんだった~と、ちょっと後悔。

その日は、ダイヤが乱れえていたようで、座れるかどうか気にはなりましたが、こんな寒い日に京都へ行かないのか車内は空いていました。

で、最近リニューアルしたちょっと豪華なシート(肘掛が木製になっただけなんだけど)で、お菓子をつまみながら嵐山へ。

嵐山まで45分で行けるハズが1時間と少しかかってしまいましたが、思っていたほど寒くなく、というか青空が見えて気持ちが良かったです。

嵐山からバスに揺られて約10分。

Daikakuji 季節柄かとても静かなところでした。
嵯峨天皇の離宮を寺に改めた皇室ゆかりの寺院。
お寺の境内は、映画やテレビなどの撮影によく使われるとか。

Daikakuji2 下手な構図でゴメンナサイ。
襖絵や天井なんかも、こんな豪華絢爛です。


回廊は「うぐいす張り」で、歩くたびにキュッキュッと可愛い音がします。
どういう仕組みになっているんだろう。

大沢池というのがあって、桜の季節のパンフレットの表紙を見ているととても気持ちよさそうです。
この池の周りってあるけたのかな?

あまり気にしてなかったけど、至る所に「菊の紋」があるんですね~。
次回はこれもちゃんとチェックしてこなきゃ。


「昔、天下に大きな災いのあったとき、嵯峨天皇が弘法大師に大覚寺の地で不動明王をおまつりするよう命じ、嵯峨天皇は写経祈願をされた」らしい。
そんな写経の始まりの歴史がある大覚寺で、写経会が月3回ほど行われているとか。

写経ってやったことがないんですよね~。一度体験してみたい。
あ、でも正座だったら我慢できないかも…

「人間を苦しめる災難や迷いの心を『剣』と『なわ』で断ち切り、幸せに導くよう守ってくれる」という不動明王像が見れると思ったのに残念でした。

|

« 素顔を披露 | トップページ | 嵯峨とうふ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

♪でんすけさんへ
なんだか落ち着きますよね。
お抹茶やお菓子も頂けるみたいですよ。
正座は平気なんですか?
私は学生のころ靭帯を傷めた時から、
正座は免れてきましたから…
上手に正座ができず、すぐ痺れてしまいます。

投稿: fumika | 2009年1月29日 (木) 23時57分

ああ、、いいなぁ、、
こういう建物、毎日眺めてたいですわw

写経は・・・
正座に耐えることが出来ても
そのあと動けなさそう・・・・w

投稿: でんすけ | 2009年1月28日 (水) 23時54分

♪ガウス@さんへ
耳あてとカイロを持っていったのだけど、
嵐山の駅に降りた時は青空が見えて、
桜が満開だったらね~なんて話してました。
寺社に写経を納めた際の受付印だと言われている「御朱印」。
正式な手順を踏んでいただくのもいいかもしれません。
(が、正座ですか…)


♪ぶりあんさんへ
修学旅行だと賑っていたでしょうね~。
ガイドの人が説明とかしてくれて、
もう少し意味のある観光になったように思います。
車じゃなくて電車で行きました。
観光名所は駐車場探しに奔走しますからね。
京都は交通の便も良いので、頻繁に出かけますよ。

投稿: fumika | 2009年1月28日 (水) 21時16分

いいなぁ、大覚寺。修学旅行で行って以来です

車で一時間程度で行けるなら、毎週行きそう…
近いとそうでもないのかな?

投稿: ぶりあん | 2009年1月28日 (水) 18時36分

>大雪を期待していたと言っても良いかも・・・
境内の写真、拝見したら、めっちゃ晴れてるしw
>大覚寺
あまり知りませんでしたが、般若心経の元なんですね。
>写経
当然、やった事ないですが?
リンク先写真みたら、やはり正座っぽいですね。(-_-;)

投稿: ガウス@ | 2009年1月28日 (水) 02時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/117524/27484456

この記事へのトラックバック一覧です: 大覚寺へ:

« 素顔を披露 | トップページ | 嵯峨とうふ »