« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月の6件の記事

店頭お持ち帰り頭金

確か、そんなネーミングだったかな。

なんだか気になって眠れない。(「9万円の携帯」の続き)

もしかして、こういうこと?

今までは、機種変更などをした場合、当日に現金を払うことはしなかったけれど、これからは料金の一部を店頭で払って下さいね。ってこと?

その名目が「頭金」で、一ヶ月か何ヶ月分かは分からないけど、銀行振替等にせず、店頭にて今日その数か月分を現金で支払ってね。
その代わり割り引きしますから、ってことなのかな?

それが分割(24ヶ月)分で、どう取り扱われるかは、これから説明するつもりだったの?

私達がトップ項目の7,350円で引っかかったから、そこを説明する項目まで辿り着けなかったの?


もしそうならごめんなさい。
でももう違う店舗で機種変更してしまいました。


でも入るつもりのないプランに強制加入させられたうえ、7350円を請求されたら驚くよ。その理由がただ、店頭で支払ってくれだなんて。
私達はクレーマーだと思われてしまったかも。
こういう勘違する客は少ないかもしれないけれど、根気良く説明してあげてくださいね。

★★あ~、賢いユーザーにならなきゃ★★(2/25)
頭金について↓
http://blog.livedoor.jp/o-2310721/archives/50833604.html
http://okazakimasaru.blog69.fc2.com/blog-entry-248.html

| | コメント (7) | トラックバック (0)

9万円の携帯

いつのまに携帯電話はこんなに高くなったのか。

今日は友達が携帯の衝動機種変をした。
私はカタログを見て気に入った機種がなかったので、そのつもりは全くなかったが、友達と一緒に選んでいると私も欲しい機種が見つかった。
実際に目にして触っていると欲しくなってしまうものだが、希望する機種は発売延期のため待つしかない。

しかし9万円といっても分割のため、今の料金とさほど変らず即機種変を申し出て手続きを行った。

友達は旧料金プランで契約しており、分割なら新料金プランに変更しなくてはならず、もちろんそれにも同意した。


驚くのはこれからだ。

これも「炒飯を作る時は卵から炒める」のと同じ、常識だったのか…


順調に手続きが進むうちある書類を提示された。(もらってくればよかった)

なにやら、「頭金7,350円を○○○○○○に支払ってください」という説明をうけた。

その携帯会社の指定するサービスに全て加入し、本来ならば上記の値段だけれども、それが2100円(or引き)になる。という、お得感を感じさせるような話だ。

で、頭金!?どういう意味ですか?と尋ねると、店頭で○○○○○○に払ってもらうお金です。と仰る。

ですよね、で?何の料金なんですか?と尋ねると、○○○○○○に支払ってもらうお金です。と重ね重ね仰る。

指定する全てのサービスに入ると料金が7,350円かかるけど、それを2,100円(or引き)にしてあげるよ、というユーザーを大切にする心遣いかい?

なんと説明してよいやら、機種変更の為に支払うお金ですか?と具体的例を挙げ尋ねると、やはり同じ返答しか帰ってこない。

私達が○○○○○○の為にあげるお金ですかというと、なんと言ったかもう忘れた。
いや友達と顔を見合わせていたから、言えなかったのかも知れない。


世の中には様々なサービス、手数料にお金が必要だ。

ユニバーサル料金、払いましょう。
機種変更の手数料、お支払いしましょう。
ナンバーポータビリティの手数料、仕方がない(これは不要だけど)。

だけど、7350円をなぜ○○○○○○に払わなければならないのか。
何の料金を強要されているのか良く分からない。

意思の疎通がはかれず、購買意欲を失い、お店を後にした私達が考えたことは何か。

携帯会社を変えようか、だ。あの大手の名前を口にする自分が信じられない。
最近は○○○○○○にいじめられているから、他社は頑張っているよ。と擁護するような会話も交わされた。

で、結局どうなったかというと、冒頭に書いたとおり機種変更はした。別のお店でだ。

文字入力し易く、とても気に入っているようで、私も嬉しい。

私が機種変をする時に、またあの7,350円を要求されるか心配だ。
どうか幻であってほしい。
(まさかパンフレットに記載されているのか?)

ところで、機種専用のACアダプターは購入しなければならないことは知っていたが、マニュアルも1,550円(送料込み)で取り寄せなくてなならないとは…。

世の中不況なのに、携帯電話業界は景気が良いのだね。


※お願い。
NECの携帯を使っている人がいれば、感想をぜひ聞かせてくださいhappy01
(docomo N-04A)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ひとりでお留守番

今日は両親が出かけたので家でひとりぼっちだった。

ベランダから見える青空を眺め、「明日は天気が崩れるのだなぁ~」と、おこたに入りながらそんなことを考えていた。

朝食は遅かったのだけど、1時を過ぎると何か食べなくてはと思い、母が美味しいといっていた、最後の一つの「マフィン」をトーストし、ハチミツをかけて食べていると、突然炒飯が作りたくなった。

「食べたい」というより、「作りたい」と思うのは不思議な感覚だが早速チャレンジしてみた。

自分が作る炒飯はねっとりしていて好きではないのだけれど、今日はサラっとした炒飯が作れた。

なぜいつもと違うかと言うと、料理本の指示通りに卵を先に炒めたからだと思う。それ以外は同じだからだ。これは常識だったのか…

ミックスベジタブルだけの炒飯を横着してマフィンに使ったお皿に盛り付け、味付けも薄かったので出来上がりに塩をパラパラとかけて食べた。

コンソメスープを作れば完璧っぽかったが、せっかく作った紅茶がポットに残っていたのでそれを飲んだ。時間が経っていたので渋くなっていた。


黄色い玉子とカラフルなミックスベジタブルで色合いも明るく、サラッとしていただけで美味しく感じ、自分的には満足感のあるランチだった。

でもマフィンも食べたので、お腹がいっぱいで今は苦しい。


それにしてもフライパンはどうしてあんなに重いのだろう。コックのように空中に浮かすつもりはないが、左腕で持ち上げるのにはかなり苦労したbearing

| | コメント (7) | トラックバック (0)

ネコとパズルのこと

動物が苦手な私だけど、離れて眺めているには可愛いと思うのです。

Neko1今年、初詣に行ったときも、可愛いネコだなぁ~っと、勇気を出して頭をなでなでしようとしゃがみこむと、抵抗する暇も無くネコが強引に私の膝の上に登ってきました。





Neko2
長年付き合いのある友達のネコにさえも、足に尻尾を絡まされるだけで硬直する私の膝の上に飛び乗るとは…
でもとてもおとなしくて、まん丸で可愛かった~
少しは、動物にも慣れたのかな?




それと、LONPOS 4Dですが、なんとか1冊目をクリアーし2冊目に突入しております。

楽しかったロンポスが、はめるパーツが一つ増えるだけで難易度が増し、集中力が必要なのでなかなか挑戦する気力も減ってきました。

「私の限界はここまでか」と悲観的になりベットで横になりながら、あるいは寝る前にテレビみながら投げやりな気持ちでやってたら、簡単に解けちゃう時もあり、「なんてラッキー」と幸福感で眠りに付く夜も二度ありました。

次は№223だけど、まだやる気が起こらないんだなぁ~。

無人島にはぜひロンポスを持って行きたい気分です。



http://www.lon-pos.com/games/en_101_9_1.php

| | コメント (6) | トラックバック (0)

睡魔に襲われる

土曜日、読書をしようとコタツに入ったのだけど、

睡魔が襲ってきて、そのまま夕方頃まで転寝をしてしまいました。

普段はコタツに入らないのだけど、
どういうわけかコタツで本を読もうと思い立ち、
足を入れたのが間違いでした。

と、言ってもずっと寝ていたわけではないのです。

何度か目が覚め、また読書を再会するのだけど、
しばらくするとまた、睡魔が私に襲い掛かってくるのです。

な~んで、あんなに気持ちがいいんでしょうか。
どうして眠りを誘うのか不思議です。

オコタ、恐るべし。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

節分の日は雨

節分の日に「勝尾寺」へ行ってきました。
何か行事があるのかなと、期待していったのに…

お食事処も閑散期は喫茶メニューしかやってなくて、雨も降るしちょっとがっかりでした。

が、噂どおり「勝運の寺」と言うことで、なんとなくご利益があるような感じはありました。


P1010100お参りをして、おみくじを引きました。
小さいだるまにおみくじが入ってあるんですよ。
かわいいでしょ(顔は怖いけど)

…残念ながら、小吉。
今年も厳しい一年になりそうです。
気を取り直して厄除けのストラップとか買ってしまいました。

もちろん、御朱印もいただきました。
御朱印を眺めながら、気合を入れたいと思います。


大吉でないので、おみくじは境内に括り付けるとして、
この「小だるま」はどうするかというと、

P1010102
境内のあちら、こちらに置いて帰る人が多いようです。
至る所に、「赤い小だるま」や「白い小だるま」が置いてあって、それを見ているだけでも楽しかったです。

私は持って帰りましたけど。

一年、この「小だるま」と七転び八起きで、挫けずに頑張ります。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »