« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月の4件の記事

合理的なんです

「制服があるにもかかわらず、ジャージで通学、授業もジャージ」と、新聞に中学生の双子の娘を持つ主婦の方が投稿されていました。

「学校で着替える場所も時間もない」という理由らしい。

ジャージって学校のじゃなくて、スポーツメーカーのジャージを着てるのかな?

「双子で制服代が二倍かかったこともあるが、せっかく購入した制服だし、制服を着て過ごすことは、フォーマルな服装に慣れる意味もあると思います」と仰っています。

私服もOKの学校なら仕方がないけど、お母さんの仰ることも最もだと思います。

小学生の時は私服だったので、中学の制服は憧れだったけどなぁ。

なんだか懐かしくなって母校のHPを見てみました。

小学校は徒歩7分だったけど、中学校は30分くらいかかりました。
(町内の端まで行ってました)

校庭が広くて、スタンドもあったから、体育の授業やクラブでは、昇り降りとか、うさぎ跳びとか、むちゃくちゃなこと要求されました。

私はテニス部だったのだけど、テニスコートが6面もあったので、玉拾いも大変でした。

グチになってきた…。

それに体育の1000メートルや冬のあのマラソン。
良いのか悪いのか、学校の横は大きな公園(というか森だね)があって、よくもまあ、あんなところを走ったなぁ、と思います。

なんだか結構運動には力が入ってたみたいですね。

そういえば、冬の寒い日。制服の下にジャージの下を穿いて下校していたら、マイカー通勤の先生に呼び止められ、学校まで引き返させられて、怒られて、また寒い道のりをトボトボ帰ったのを思い出しました。(pout

ま、確かに、今思えばみっともないかもしれないけど。

そう、子供は合理的なんです。happy01

| | コメント (7) | トラックバック (0)

これ観てます

アイシテル」観てますか?

毎回、目を赤くしながら観ています。

それにしても、清貴くんのお母さんは偉いな。

自分も娘の気持ちに気付いてあげれなかったことを知って、加害者のお母さんの気持ちを分かろうとするなんて。

どちらの気持ちも分かる(と軽々しく言えることではないけど)ので、観ていて辛いです。


原作を読みたいと思ったら、図書館に置いてなかった。残念…。

こういう加害者と被害者の話といえば、東野圭吾さんの「手紙」を思い出します。

被害者遺族はもちろん、加害者の親族までがあんなに辛い目にあっているとは思いませんでした。

もちろん自分が被害者の家族なら憎んでしまうかもしれないけど、第三者からあんなに誹謗中傷されているとは。


そして「裁判員制度」がスタートしました。

裁判員になれば顔をさらけ出すことになるんですね。もちろんですけど。

報復を恐れてどちらかに有利な方に傾いてしまうなんてこともあるのかもしれない。

裁判官は常日頃公平な目で見るように心がけていて、プロとしての使命感や覚悟もあるだろうけど、一般市民とは立場や状況が違うし、不安です。

ま、宝くじも当たらないんだから、選ばれることもないだろうと思うことにします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

何に使った?

定額給付金がマスクに消えた人も多いのではないでしょうか。

私はその前に、スリッパを購入しました。

ちょっとヒ-ル?のあるスリッパで 、背が高くなったみたいで視野が広がりましたァ。

パンツやジ-ンズを履いていると、裾が気になっていたのでこれで悩み解決です。


今夜はモナコGP。マッチが行ってるみたいですね。

いいなぁ、私も一度はモナコで観戦したいです。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

お久し振りです

新緑の季節だというのに、残念なことになっています。

神戸方面は閑散としていて、 関西の百貨店も人がかなり少ないです。

人が少なくて見やすいのはいいけど。

関東と違って関西は感染源がはっきりしていないので、それが不思議です。

潜伏期間もあるし症状も軽いみたいなので、誰かが知らずに持ち込んだんだろうけど、そんなに神経質にならなくてもいいみたいですね。

とかいいつつ、外出は控えてしまいますけど…

仕事等で関西方面への出張は自粛できても、関東方面の出張はなかなか自粛できませんから、ちょっと心配ですね。

皆さんも、手洗いうがいをして予防してください。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »