« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月の2件の記事

2012年

先週(あ、もう先々週だ)、ある百貨店が立替工事中なのだけれど、一部リニューアルオープンしました。

翌日に早速行ってきたと言っても、もう先々週の話だから自慢にもならないのだけど、立替の為売り場面積は半部以上縮小されているので狭いはずだけど、私的には広く見やすくなった気がした。天井も高くなった気がする。
それは逆にその百貨店らしさがなくなったとも言える。
日本には、沢山の百貨店があって、それぞれに売り場全体のイメージがあるけれど、ちがう百貨店に来た感じがした。

上階はわりと人の数も少なめだったけれど、下階にいくにしたがって人が多くなる。
いつも多いけど、さらにさらに多く、スルーしてしまいました。
また落ち着いたら行ってみよう。

しかし、一番困ったのは1階だった。
今までは、化粧品やバックやアクセサリーなどの小物を扱っていたのに、和洋菓子やパンなど食料品売り場に。
混雑して外に出るのも一苦労、これじゃ電車に乗り遅れてしまう。
(入店した時は色々試食させてもらったけど。)

百貨店としては良い戦略なのかもしれないけれど、ちょっと勘弁して欲しい。
全館リニューアルになれば以前のようにB1に戻ってくれると期待します。ぜったいB1が良いって。

今まで通れなくて不便だった階段が通れる様になり、やっと便利になったと思ったら、またまた違う場所が通れなくなった。

いつまで続くんだっけ?地デジ移行後も続くんだっけ?う~ん。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

アボカドディップ

記事を書こうと思っていても、「明日にしよう…」なんて考えているうちに毎日が過ぎていってしまいます。(反省)

今日は「なすとツナのミルフィーユ仕立て」を作ってみました。

前回より、なすは大きくなったものの、輪切りにすると小さいと実感します。

次回はもうすこし太いなすを買わなきゃ。


今回は、サラダをプラスしてみました。

「アボカド」って苦手な方も多いのでは?

体によいと分かっていても、あの濃厚なクリーミーさが受け付けません。

今回はトマトに添えるアボカドディップにしてみました。

「苦手なものはマヨネーズでごまかす」の法則で作ってみたら美味しかったです。

少し残ったので明日の朝食はロールパンに挟んで食べてみようと思います。


<アボカドディップ>
材料(4人分)
トマト             2個
ゆで卵            3個
アボカド           1個


  マスタード        小さじ2
  マヨネーズ        大さじ4
  トマトケチャップ     小さじ1
  玉ねぎ(みじん切り)    大さじ2
  ピクルス(みじん切り)  大さじ2
  パセリ(みじん切り)  小さじ2
  レモン汁         少々

塩、こしょう         適量
セルフィーユ        少々

<作り方>
ゆで卵はみじん切りにし、アボカドは皮を剥いてフォークで潰し、※の調味料を加え一緒に混ぜ、塩コショウで味を調え器に盛り、トマトを添える。

切って混ぜて盛るだけの簡単サラダでした。

アボカドのクリーミーさが、マヨネーズと混ざってとても滑らかなお味に仕上がっています。
ゆで卵は粗みじん切りぐらいが良いかもしれません。
マヨネーズは少し控えめにしているので、レシピ通りならもう少しツヤというかクリーミーさが出てくると思います。

アボカドが苦手な方は、一度お試しください。

090912

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »