« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の3件の記事

ふたご座流星群 '09

今年も○○流星群が幾つかありました~。

今回は私の星座「ふたご座」の流星群とあって絶対に見たい。


23時過ぎ、温かい紅茶をポットに入れ、ダウンを着て、耳あてをし、ベランダに。

雲は殆どなく、星も沢山見えました。

ポットの温かい紅茶も、カップに入れると、さすがに12月。すぐに冷たくなってしまいます。

ぼ~っと夜空を眺めていると、流れてきました。続けて2つも!!

なんてラッキーな。「幸せだなぁ~」って思っていたら、また流れてきた。

あっと言う間に4つ見れて、今度こそと友達にメール。


実は、今年何度か友達に流星群情報を教えたのだけど、殆どというか全く見れなかったみたいで、ちょっと申し訳なく思っていました。

でも、立て続けに4つも見れたのだから、「今回は大丈夫かも」とメール。

短時間で4つも見れたというので、友達のテンションも上がり、お庭に出て観測。

ただ、雲が流れてきたのでもしかしてタイミングが遅かったかなぁ?と心配していたら、今回はくっきりと4つ見れたそうで、感激していました。

今年最後に流星群を見れてよかったです。

結局私は1時間ちょっとで11個見れました。

これで明日皆に自慢できるぅ~。

幸せ気分で休みたいと思います。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

ナイトレッド

冬用のトレーニングウエアを購入しました。

冬用というのは難しいです。本格的に走る人は暑いので、ホントに薄着なんですね…。
ショップのお兄さんが言うのだから間違いないのでしょう。

とりあえず「ウィンドブレーカータイプ」を探しました。

夏用と同じNIKEが良かったのだけどサイズがなくて断念。


で、目に付いたのがadidas。ピンクのラインに目が行ってしまいます。
でも夏もピンクのラインだし、ブルーにしようかと試着。

う~ん、ちょっと暗いかも(ASライン)。

違うデザインのまたまたピンクのライン。こちらは「落ち着いたピンクでいい感じ」との友達の意見。

こっちは?と言われたのがチョコレート色(ナイトレッド)。

「こういう色は自分では選ばないなぁ~」と言いながら試着してみる。

「色が濃いので引き締まった感じ、大人っぽいし(充分大人ですが)」と友達。
「走りこんでそう」とショップ店員。

悩んだ末に、今回はチョコレート色をチョイス。


家に帰って早速ネットでチェック。

これは秋モデルとなっていたけど、冬モデルがでるのかなぁ?

Adidas_365それと、私は上下ともチョコレート色にしたけど、「チョコレート色のパンツ」に「オレンジのジャケット」というセットが掲載されていたり…





この組み合わせの方が明るくてよかったのかな?
ナイトレッドって人気ないのかもweep
交換してもらえるかな~。


ま、後は「あったかインナー」を探すだけ。やっぱりヒートテック!?

新しいウェアでこの冬も頑張れるかな~。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

サケごはん&茶碗蒸し

寒い夜は温かいものが食べたくなります。

今回は「サケご飯」と「茶碗蒸し」を一度に楽しめる変ったメニューをご紹介。

薄口しょうゆがなく、普通のおしょうゆを使ったので、あんの色がちょっと濃いけど…

以前、京都で食べた「湯葉あんかけ御膳」ぽくて満足満足。


Sakegohanchawanmusi
<サケごはん茶碗蒸し>



*「おしゃべりクッキング」のレシピなので、HPのレシピを参照してください。
 (番組のレシピの方が見やすいと思います)
  携帯サイトでは動画も配信しているみたいです。




<材料>4人分

鮭(甘塩) 4切れ(240g)
甘栗(むき実) 16個
薄切りモチ 4枚
ご飯 200g
青ネギ(小口切り) 2本
おろしショウガ 20g
☆卵生地(A)
2個
だし 2 1/4カップ
みりん 小さじ2
小さじ1/2
薄口しょうゆ 大さじ2
☆あん(B)
だし 1 1/2カップ
みりん 大さじ2
薄口しょうゆ 大さじ2
水溶きカタクリ粉 大さじ3

<作り方>
1.シャケは川を取って一口大に切る
2.ボウルに卵生地Aの卵を溶きほぐし、だし、みりん、塩、薄口しょうゆを混ぜて漉す。
3.一人分ずつの器にご飯、甘栗を入れ、鮭、薄きりモチ、(2)を流しいれる。
4.蒸気の上がった蒸し器に(3)をいれ、強火で2~3分蒸し、表面がしろぽくなったら、中火弱にして12分蒸す。
5.鍋にあんBのだし、みりん、薄口しょうゆを合わせ、煮立ったら水溶き片栗粉でとろみをつけ、青ネギの小口切りを加える
6.(4)にあんをかけ、おろしショウガをのせる

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »