« 2009年12月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年1月の6件の記事

初詣へ

15年前のあの日、(「15歳の君へ」)

私の地域は殆ど被害はありませんでした。

神戸市外に住む友人は、食器が割れたり、テレビが移動していたり、家具が倒れてきてベットの柵のお陰で直撃を免れたと話していました。

友達の飼っているネコはマンションの3階のベランダから飛び出して逃げてしまい、「もう戻ってこれないかもしれない」と心配でしかたがなかったと話してくれました。

17日の新聞紙面には、倒壊したまちの写真が掲載されていました。

あれから15年。

神戸は見事に復興を果たし、拝殿は壊滅的な被害をうけたけれど、強く生き残ったという、生命力溢れる桜の木のある「生田神社」へ、初詣にでかけました。

Ikutajinja
都会の真ん中にある生田神社は、修復され朱色が色鮮やかでした。



「今年はおみくじ類は引かない」と決めていたので、お守りと可愛いと評判の「御朱印帳」を手に入れました。

桜がデザインされたピンクの可愛い御朱印帳です。(紺色もあります)

今年は「いろいろな縁」がありますように。
そして明るい話題で笑顔が絶えない年になりますように。

また春になったら、桜の木を見に来たいです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

湯たんぽでポカポカ

この不況のおかげで、この冬は「湯たんぽ」が店頭に並んでいます。

「ぷぷ、湯たんぽなんて、いやだぁ~」なんて…

一人用のコタツとか湯たんぽとか、テレビの通販番組でも紹介していて、そのうち「一人用のコタツがかわいい」とか、「はがきサイズの湯たんぽのカバーの色がかわいい」とか思いだしたり(洗脳されつつある)。

でも、

「湯たんぽなんか、夜中に冷たくなったら目が覚めて逆効果だよ!?」な~んて文句を言っていたら、「6~8時間はもつんじゃないか?」と。

気にはなるけど、いまいち信じられない。
そんなある日、コープに掲載されていたけど、湯たんぽって経済的なようでいて結構高いんですね。なんと1万2800円wobbly

一週間悩んだ末、騙されたと思って?注文して年末に届きました。


なんと、幸せな日々でしょうか。

形も楕円形で足首の甲の辺りや、ふくらはぎというか脛の辺りのカーブにもフィットして人間工学に基づいたデザインだなぁ~なんて関心したりして。

しかし、低温火傷をしそうなので、私はカバーの上に更にカバーをかけて使っています。(もう一枚カバーをかけても良いくらいです)
が、それでもかなり温かく、睡眠中に毛布を蹴っていたり、掛け布団がベットから落ちていたりして時々目が覚めてしまいますが、お布団をかけなおしたら直ぐに全体が温かくなって眠ってしまいます。

あ~、湯たんぽって温かい。湯たんぽってこんなに温かいんだね。知らなかった。馬鹿にしてごめんなさい。家宝にするよ。


ネットで探してみたら少しお安くなっていました。寒くて眠れないという方はぜひぜひ試していただきたいです。

くれぐれも低温火傷には注意してください。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

花畑牧場

やっと口にすることができました。

「花畑牧場 生キャラメル」

お土産でいただいたのだけど、結構甘い。

牛乳というより、すごくバターの味がするのは私だけでしょうか?

牛乳が苦手な人も美味しいというので、これ絶対バター味だと思う。

バターがどうやって作られているのかよく分からないけど…

この柔らかさが、かなり甘さを感じさせるのだろうけど、結構美味しいかも。

どうも、ありがとう。ごちそうさまでしたhappy01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

お正月が終わる

三連休に姪っ子&甥っ子たちがやって来ました。

朝5時半に家を出発し、我が家へ14時頃に着きました。途中雪が降っていたそうで、長旅ご苦労さまでした。

姪っ子は嵐に夢中のようで、車内では嵐→モー娘→嵐→モー娘→ドラゴンボール→嵐…と同じ曲ばかり聞かされ、運転する両親はかなりお疲れの様子。

子供たちは既にハイテンションで一気に家の中が賑やかに。

「お年玉」と「にほんごであそぼ」のDSソフトをプレゼントされた孫達は満面の笑みで、おじいちゃんは大満足。

早速遊んで、おじいちゃんとも通信で「かるたとり」をしました。

御節料理はないけれど、お屠蘇で新年の挨拶をして賑やかな夕食になりました。

去年は、「坊主めくり」をしましたが、両親に「百人一首」を買ってもらい思う存分楽しんできたらしく、今年は皆で「かるた」や「トランプ」を楽しみました。

もちろん、時々子供たちはゲームをして遊んでいましたが…

姪っ子は女の子らしく、塗り絵やビーズで遊んでいて、手作りのブレスレッドを作ってくれました。
キャンディのように透き通って綺麗な色のかわいいブレスレッドです。ありがと~。

今年もまたロンポスを持参しており、一生懸命に取り組んでいました。

難しくても決して諦めないこの集中力。
完成したときの満面の笑み。
達成感の心地よさを知っているのですね。

甥っ子はドラゴンボールが好きでやんちゃではありますが、ズーラシアで手に入れた「オカピ」のぬいぐるみがお気に入りで、まだまだお子ちゃまです。

これで、お正月の行事が全て終わり、ようやく日常に戻りました。

気温はまだまだ低く寒いようですが、今年も元気にがんばりましょう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

半端ない

久しぶりに「COSTCO(コストコ)」に連れて行ってもらった。

着いて直ぐランチを食べた。

メニューは、「スライスチーズピザ」と「カフェラテ」と「ツイストチュロス」、合計550円。結構リーズナブルなランチ。

全体的にカロリーが高いけれど、食後に少し甘い物も食べたくなるもの。

ところが、このチュロスを食べることが出来ないほどのボリュームのあるピザだったのだ。

ワンピースなのに冷凍ピザ1枚に相当するくらいのビッグサイズ。
ミスドのチュロスを想像していたのに、なんと30センチほどもある太いチュロス。(1本100円)

トレイに乗せてくれないので、3品をテーブルまで運ぶのに一苦労です。


友達はホットドッグとドリンク。

こちらは、玉ねぎのみじん切りやピクルス、ケチャップなどを自分でトッピングすることができ、隣のテーブルの人は、同じホットドッグとは思えないほどのボリューム。

日本人は何時からこんなに食べるようになったのだろう…

そして、ドリンクはなんと80円。それもお代わり自由。


店内は倉庫状態で、知ってはいたけれど、商品は「ケース買い」や「業務用サイズ」。

入ってびっくりしたのが、枕ぐらいあるポテトチップス。業務用かぁ?

「エム&エムズだぁ~、買おう!」って思ったら、チャック付き。業務用か?

ビールやミネラルウォーターなどはケース買いをしたことがあるけど、
我が家ではその他もろもろのケース買いは保管する場所もないので無理。

っていうか、正直、買う気が失せる。


エム&エムズなんて、小袋に入っているから美味しいのに(主観的ですが)

「コーヒーやポップコーンにかけたら凄く美味しい」というお客さんの声、キャラメルソースに心惹かれるもビッグボトル2本セット。
生鮮食品売り場のお肉、ミンチの量、半端ない。
北海道産玉ねぎ、ロールパン、どれだけ食べるの?

でも、パーティや主婦仲間と分け合うにはお徳であること間違いなしです。

さっき食べたピザ。オーブンに入りきらないサイズ。ケーキも外国のドラマで見る長方形のピンクや水色のデコレーション。

今週末作ろうと思っていたティラミスも、遠くで眺めているだけでお腹が一杯になり、作る気が失せてしまう。

これでは、食料品売り場には近づけない。

とにかく、半端ない。

せっかく連れてきてもらったので手ぶらでは帰れないので、
「キッチンタオル10枚セット」
「食器洗剤のキュキュット(1.5L)」
を買いました。


帰りは80円を払い煌(ファン)を紙コップに入れ、車内でチョロスを食べながら帰りました。

あ~、半端なく楽しかった。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

謹賀新年

今年は静かなお正月を過ごしました。

「初日の出」を見るつもりだったのに、朝寝坊してしまったけれど。

ここ数年、初詣でひく「富籤」は結構良い商品をあてるのだけれど、年の初めに運を使い果たしてしまっているのではないかと、今年は引かず、運を温存しておきます。

なにか良いことがあるといいなぁ~。

静かなというのは、甥っ子姪っ子はお正月には来なかったからです。

そのお陰?で、お節料理も一品ずつ、これは何?とかゆっくり味わいながら頂けたのがよかったです。

子供たちがいたら、そちらに気が行ってしまい、ゆっくり味わって食べれないですからね。

そんなこんなで、結構食べすぎてしまって、体重計に乗るのが怖いです。

この三が日は比較的天気がよかったのだけれど、また寒くなると思うと運動する気も失せてしまいます。

体重を元に戻さなくてはいけないので、また今年も頑張ってウォーキングに励もうと決意するのでした。

今年もよろしくおねがいします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年3月 »