« 黄砂が原因 | トップページ | 発散するって大事 »

低温やけど

まさかの「低温やけど」してしまいました。

朝起きたら普通は気付くのでしょうが、私は気付きませんでした。

机に向かっていると急にふくらはぎの下の辺りがチクっとして、見てみると大きな水ぶくれが…

その上と下あたりも丸く赤くなっていて、これは得体の知れない虫に刺されたのかと驚き病院へ。

問診票を見た先生に「虫に刺されたって?」と訊かれ、開口一番

「やけどちゃうの?」

「え?」「そんなはずありません」「だって…」

「カイロとか、ブーツとか履いてた?」

「ブーツ?履いてません!」

「じゃ三ヶ所も虫に刺されたんか?でもやけどみたいやけどなぁ」

「あ…、そういえば湯たんぽ使ってます」

「それや、熱かったんちゃう?」

「いえ、熟睡していたのでぜんぜん気付きませんでした…」

「低温やけどには気をつけよう」

「はい…」


いつも熱湯を入れていたけれど、4~5時間暖かければ十分なので、今日からは半分は水を加えて温度を下げて使うことにします。

救急病院に行かなくて良かったです。

|

« 黄砂が原因 | トップページ | 発散するって大事 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/117524/37755488

この記事へのトラックバック一覧です: 低温やけど:

« 黄砂が原因 | トップページ | 発散するって大事 »