カテゴリー「本」の記事

美味礼讃

ブロガーの若きパティシエさんお勧めの小説を読みました。

辻調理師専門学校校長・辻静雄さんの自伝小説・『美味礼讃』です。
これらのエピソードは実話なんだろうか…と思いながらも、とても感動しました。

昭和36年、学校を創立するにあたり、ホテルの一流シェフが作るフレンチを食べたけれど、独学で勉強した「ラルース・ガストロノミック」と全く違うことに愕然とする彼は、本物のフレンチを知りたいとフランスへ旅立ちます。

「技術は君が教えなくても放っておいても覚える。しかし、そこから先の最終の出来上がりの味というのは、どんなに才能があるコックでも想像が付かない。君は生徒の中から才能のあるコックを見つけて、最終の出来上がりの味がどういうものかを叩き込めばいいんだよ」

このアドバイスに従い、一流のフレンチを食べつくし自分の舌に味を記憶させていきます。

本物を極めるための努力は並大抵なことではないようです。

私なんか特に、素晴らしいと言われる「料理本」を見ながら作っても、最終的な味は分からないので、失敗か成功かはわからず曖昧の満足感しか味わえません。

’93年に辻静雄氏は亡くなられたようですが、関西に住む私は「辻調理師専門学校」の印象が変わりました。

料亭の吉兆をはじめ、最近の食品偽造が多い中、料理に対する純粋な思いを持った人の話を読めてよかったです。

調理師になる予定はないので、ここでの教育を受けられませんが、初代校長の思いをいつまでも受け継いでいって欲しいと思います。



余談ですが、辻って二種類あるそうです。
辻調理師専門学校(辻調グループ)
辻学園調理・製菓学園(辻調学園グループ)

私がテレビでよく見る人は前者の人じゃなくて後者の人だと今知りました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

笑わない数学者

理系の人の頭ってどんなんだろう。
物事がくっきりと見えるんだろうなぁ~。

ブロガーさんのオススメの本を読みました。
「偉大な数学者、天王寺翔蔵博士の住む三ツ星館。そこで開かれたパーティの席上、博士は庭にある大きなオリオン像を消して見せた。一夜明けて、再びオリオン像が現れたとき、2つの死体が発見され…。犀川助教授と西之園の理系師弟コンビが館の謎と殺人事件の真相を探る」


結構時間がかかってしまった。
オリオン像が姿を消したトリックはすぐ閃いたけど、
部屋の矛盾がどうしても解決できない~。
って思ってたらそういうことだったのか。

タイトルの意味が分かったときは、唖然としてしまった。
そういえば犀川先生が教授に対する評価を口にしていた。
それが伏線だったんだね。

オリオン座の話が出たので、星の本とかを見てたら時間がかかってしまいました。

なかなか読み応えのある1冊でした。


「理解できないというのは、身を引いて考えるのを止めてしまうからです」

はい、努力します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

しばわんこ

父が部屋のソファーに座り、買ってきた本を読んでいました。
しばらくして、私の目の前に置かれたのは、見たことのある表紙。

しばわんこの和のこころ」絵本?孫たちへのプレゼント?

「何故かしら、和にひかれる今日この頃」のしばわんこが、「和」の作法や四季折々の暮らしを可愛く紹介している絵本でした。

Photo

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年までおあずけ

「ハリーポッターと死の秘宝」を読んだ。

友達は「噂の真相を教えて!」と言っていたけど、やっぱり映画公開まで待つことにしたらしい。

ところで、「ハリーポッターと謎のプリンス」は秋ごろ公開だったと思っていたら、いつの間にか来年の夏に公開が延期されたらしいですね。

それは非常に残念です。

なぜなら、謎のプリンスを読み終えたとき、「映画館でハリーポッターをぜひ観たい」と思ったからです。

最終巻を読み終えてしまった今、来年の夏までこの興奮を持続させることは私には難しいです。


「ハリーポッターと死の秘宝」は二部構成らしく、映画は2010年、2011年に亘り公開するらしいですね。

二部に分けるのも熱が冷めそうだけど、
もともとシリーズモノと考えれば一年くらいは待てるし、映画の完成度の高さも期待できるかもしれませんね~。

それにしても残念です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ビストロ・パ・マル

「タルト・タタンの夢」 を読みました。(短編7作)
フランス家庭料理ってよく分からないのに、読んでいてとても楽しい本でした。

カウンター七席、テーブル五つ。下町の片隅にある、従業員四人の小さなフレンチ・レストラン<ビストロ・パ・マル>。

店にやってくるお客達の抱える問題や不可解な出来事。その謎を解き明かす「特別な料理」を食べ、元気になってお店を後にするお客達。

「ロニョン・ド・ヴォーの決意」と「ぬけがらのカスレ」がよかったかな。

極度な偏食をする客が秘書で不倫相手の女性とこのお店で食事をした翌日、その女性が店にやってきて、昨日食べた料理と彼の妻の料理を比較しはじめます。

食べられるものは限られているのに、その僅かな種類の料理すら上手に作ってあげられない。あんな料理を食べさせられる彼は幸せではない。奥さんと戦おうと決意したと。

そんな彼女にシェフは言います。

人は楽しむためにも食べるが、生きるためにも食べる。極度の偏食をする人にとって、食べれるもので栄養分を摂らなければならない。
一手間の処理をすれば味は美味しくなるが、それによって栄養素が失われる。妻の手料理は料理を楽しむだけでなく、もっと大切なものの為に作られているのだと。

はじめは女性の言う事に共感していたけど、そうだったんだぁ~。
そしてそんな妻の思いをちゃんと受け止めてくれている夫。
私も偏食をするけど、調理法でなんとか食べる事はできる。
夫婦の絆を感じちゃいました。

「ぬけがらのカスレ」
フランス人の恋人はなぜ最低のカスレを作ったのか?
5年前、彼が祝ってくれた誕生日。私の誕生日は明日なのに。
最悪の誕生日パーティ。その夜に彼の前から姿を消した彼女。

恋人の誕生日に、恋人を驚かせようとしたらどんな計画を立てますか?
シェフの考えは推測かもしれない。
いや、料理人だからこそ気がついた。
悲しい分かれ方をしたけど、男の人ってロマンチストなんだなぁ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

犯人が知りたい?

先日、検索ワードで「流星の絆」が殆ど占めているのに、驚いたけれど、「流星の絆 犯人」を知りたい方がいらっしゃるようですね。
もし、よろしければお教えしますよ。

とりあえず、こちらへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラマ化しちゃう!?

検索キーワードランキングで「流星の絆」が占めている事に驚きました。

「ベストセラーだもんね~」なんて思っていたら、秋からテレビドラマ化されるんですね。

東野圭吾さんも、「こんなに早く映像化されるというのは予想外。いつものことだが、原作と映像は別物だと思っている。視聴者が楽しめる作品になればいいなと願うだけだ」 とコメントしている。


私のキャストのイメージは誰かなぁ。
テレビドラマのキャストは、

頭脳明晰な長男・功一…二宮和也
弟・泰輔役…錦戸亮
妹・静奈役…戸田恵梨香
刑事役…三浦友一



行成は誰が演じるんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

流星の絆

Amazoncojp_2 やっと読み終えました。

あ~、スマートなラストだった。



ペルセウス座流星群を見るために家を抜け出した、あの兄弟妹たちのやり取りが印象に残っていて、すごく好きです。

犯人だと確信した彼らの味覚。
子供の頃に食べたものの味って、大人になっても忘れないんだね。
この食べ物が話題になるたびに、胸が締め付けられ、怒りが込み上げてきました。

それに、復讐計画の為に恋心を犠牲にしなければならなかった静奈の心情を思うと辛かった。

こんなに怪しいのにボロがでない。協力者も得たのにナゼ。
いつもの事ながら、振りまわされっ放しでした。
いい加減に気付けって感じです。

詐欺で生計を立てていた三兄妹。
これは犯罪だけど、こんな事を続けていてはいけないと分かっていたし、最後は自首しようとした、善悪をちゃんと分かっている人たち。

ある人との出会いは、人を信じることを教えてくれたと思う。責めることなく、全てを受け入れ、自分に対しての仕打ちを知っても尚、力を貸してくれる。それも兄弟に負い目を感じさせない方法で。
あ~、なんて寛大な人なんだろう。

とりあえず、ハッピーエンドでよかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雨の日は

今日は、録画溜めした、F1/モナコGPと、ナルニア国物語を観ました。

それと、ブロガーさんオススメの「空飛ぶ馬」と「陰日なたに咲く」も読みました。
二作品とも面白かったです。

空飛ぶ馬は、「恩師が同じである噺家、春桜亭円紫と、落語好きで日本文学を学ぶ19歳の女子大生が洞察力や推理力を駆使し日常の些細な謎や疑問を解決していく」というお話。国内外の文学作品を読んでいるので、難しかったりするけれど、日常や心情が上手く書かれていてとても面白いです。
「砂糖合戦」では、お弟子さんが内緒でデートをしているのかと思ってしまいました。


「陰日なたに咲く」も良かったです。
今の自分や人生に不安や迷いのある不器用な人たちが、人と出会い、自問自答しながら日向に向かって歩き出すという、ほのぼのとして、心温まるお話でした。

一つ残念なのは、私には最後の男の人のセリフは長すぎました。
オチを先に聞かされたような、テンポがズレたような感じがしたのは私だけでしょうか?
空気だとか表情だとか、言葉以外のもので表現して欲しかったなぁ。
なんて、自分には書けないくせにすみません。
でも、話のオチとしては、なかなか面白かったのでオススメです。

明日は天気予報ではsun
父に早朝ウォーキングに誘われました。
起きれるかな~、無理なような気がする。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ぼくは12歳

ブロガーさんご紹介の、「ぼくは12歳」という本を読んだ。
12歳で自ら命を絶ってしまった少年が書いた詩集。

私は「ワイングラス」という詩を読んで、涙が出てしまった。
大人になった自分が、青年時代を振り返り呟くような詩。

私は、記念や節目などを大切にしたいと思っている。

大人になった彼がワイングラスを手に呟く姿を思い描いて読んでいると、彼の姿が幻のように消えてしまい悲しくなった。

12歳の男の子が、なんてロマンチックなんだろうと。
もし、自分の息子が、懐かしそうに呟いている姿をみると微笑ましくなり、
もし、彼が呟いたなら、充実した素晴らしい人生を歩んできたんだと誇らしく思い、彼の話に耳を傾けるだろうと思う。

12歳の少年の口から聞いても、そういうものを大切にできる大人になっていくんだと思い、でも彼には未来がなかったんだと思うと涙がでてしまう。

「となりの犬」「ユキ」「ゴットン・ゴロン」も好き。
「ぼくの心」はどうしたの?って、何があったの?って聞きたくなる。

『からしをぬったよ
 体に
 そうしたらふつうになったんだ
 よっぽど
 あまかったネ
 ぼくの心って』

詩のほかに、作文・読書感想文もあり、どれも素晴らしいものばかりでした。
それらの本も読んでみたいと思います。

ご両親の言葉が最後に書かれていました。
何が原因かは分からないし、何も知らない私が推測するのもおこがましい。

でも、この本に巡りあえてよかったと思う。

| | コメント (8) | トラックバック (0)